ピート一等兵は、泣き面をして、機銃の引金に指をかけた。

 妙な空中戦

「おい、なぜうたないのか。こら、ピート一等兵!」 機長の、おこったようなこえである。「はい。今、うちます。しかし機長どの。自分は戦車の銃手はつとめましたが、飛行機の上の射撃はまだ教育をうけておりません。参考書でもあったら、ちょっと……、ここへ放ってください」「ばかをいえ。今に...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:30 pm  

全機は、隼《はやぶさ》のように、日本機の編隊のうえにとびかかっていった。ピート一等兵は、びっくりして、機銃にしがみついた。

「はあ、戦闘用意ですか。どうすればいいのですかな」 たよりない二人だった。 すると伝声管から、また機長のこえが、ひびいてきた。「早くせんか。ピート一等兵は、後方機銃座へつけ。パイ軍曹は、爆撃座へつけ。早くやれ」「はい」 機関銃座へつけといっても、飛行機のうえの射撃には経験のないピート一等兵...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:29 pm  

 戦闘用意! 「おい、戦闘用意だとよ」  パイ軍曹は、ピート一等兵の脇腹をついた。

もともとこの二人は、地底戦車兵なのであるが、沖島速夫の事件を知っているのも彼等二人であり、助けだされたたった一台の地底戦車のことを知っているのも彼等二人であり、そこへとつぜんとびだしてきた日本機のあやしい行動についても、なにか地底戦車事件と関係がありそうに思われたので、リント少将は、直ちに彼等二人を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0183 sec.

http://gamatluxorlampung.com/